わたしの好きな場面、生き物の写真などについて

俺は小学生の頃におじいさんのフィルムによって、動物や情景のフィルムを撮影することが宝物になった自身です。おじいさんは近所にある森や公園をめぐってするどく野鳥のフィルムを撮影している。中学生2クラスの時にお年玉でおじいさんにカメラを選んでもらって購入してからは一緒に朝方前もって収録しに行くようになりました。おじいさんはめったに喋らない性質ですが、自分もあんまり喋らない性質なので居心地がいいです。一心に撮影する鳥はシジュウカラとゴジュウカラです。ゴジュウカラは強気な性質なのかすぐ近くで撮影していても逃げずにどうしてもヒマワリの根源を2個掴んで飛んでいきます。それで収録は楽です。シジュウカラの人物は体躯が薄く動きが手っ取り早い人物なので収録に失敗することが多いですが、よく見かける鳥なので焦らずに撮っている。

朝早くに出向く理由は、野鳥が胃腸を空かせてあることと、朝方露などが綺麗に取り込めるからです。
冬になるとシマエナガという、雪だるまみたいな甘い鳥が回る山々があるのでおじいさんと共に朝早くに赴き目の悪いおじいさんに変わり見つけて、一緒に先方いうなどと言いながら、撮影している。リスも要る山々なので冬場は餌を求めて足から上ってきます。初めての時はひどく興奮しました。思ったより重く二度とご爺さんたちが慣らしたのかいくぶん触っても餌を食べていらっしゃるぐらいには疑いが僅かようです。最近では野生の狸のフィルムも収録でき、狸など動物園以外で見たことがなかったのでどうしても重要でした。これからもおじいさんと共に物珍しい野鳥や動物のフィルムを撮っていこうとしている。これで終了します。千葉でお得に脱毛できる安いサロン