世界中のどの字にも「はあ?」という字がある

英文を勉強していて想うのが、言い回しはどうしても一対一で対応しているものではないということです。
サシもてなしというとひらめくのがネーミングです。歌の歌詞にもあるように、一人ずつ、仲間というもてなしの手法です。「世界で仲間だけの」という言い回しもサシもてなしみたいなものです。槇原敬之というヒトはマッキーただ一人しかいない、そういった感じです。
但し英文と日本語に関しては、断じてサシ対応しているわけではありません。たとえばリンゴという言い回しがあれば英文では倍増です。みかんはオレンジと対応してある。ただし日本語で言うお疲れ様でした、お久方振りです、という言い回しを一言で表せる英文がありません。その光景光景で違う言い回しになったり行う。日本語だと「おつかれ!」「おひさ!」と一言で呼べるのに英文だと長い書面になります。そのあたりが英文を勉強していて可笑しいというところです。感性やカルチャーの違いも感じます。
イグノーベル賞を受賞した探求件に、「はあ?」という言い回しは世界中のどの言葉にも対応する言い回しがある、というものがあります。何か思い付かことをユーザーが言った場合聞き返す言い回しです。眉間にしわを寄せて、「はあ?何言ってんの?」くらいのことも含むかもしれません。日本語も英文もフィンランド語もスワヒリ語も国におけるどの言葉ユニットにも「はあ?」についての言い回しが存在するのです。何とも神!言葉界の神業だ。ボルサリーノ